■新年のごあいさつ『開運えほん』

 もう新年が明けてから8日。

明けましておめでとうございます。

今年もどうぞよろしくお願いいたします。

遅いごあいさつで失礼します。

『開運えほん』を作ってから七草がゆにハマってしまいました。

なんておいしいんでしょう。食わず嫌いでした。

Facebookを始めてから、そちら中心になってブログをサボりがちになって

申し訳ありません。

現在、『モリくんシリーズ』の第6話の絵を描いている真っ最中で誰にも会わず

どこにも出かけずただひたすら朝から夜中まで机の前にへばりついています。

でもこうやって、ブログを書ける余裕が絵本制作8冊目でようやく出てきたわけです。

七草かゆ.JPG

 2年前に刊行の『開運えほん』もいろいろな媒体で紹介いただいてとても

ありがたいです。

こちらは、図書印刷さんが運営されているサイト

「3分で読める知育マガジン Chiik!」でもご紹介いただいています。

https://chiik.jp/articles/N47hw

 

こちらのサイトでもご紹介くださっています。感謝です。

http://miccu-fan.jp/ehon/index.html

http://woman.excite.co.jp/article/child/rid_E1481693090197/

 

 

 

 

 

 

 

 

at 09:38, かんべあやこ, 日々のこと

comments(0), trackbacks(0), -

■ハロウィン

 今日から、10月です。

街はハロウィン色があふれていますね。

 

ありがたいことに、今年も『モリくんのおいもカー』とともに

『モリくんのハロウィンカー』も重版となりました。

『モリくんシリーズ』も地道に浸透していっているようで

嬉しいです。

 

今第6話を来年刊行の予定で進めています。

ほぼおはなしは出来上がりました。

今までにない展開と結末です。

待っていてくださいね。

 

at 21:10, かんべあやこ, 日々のこと

comments(0), trackbacks(0), -

■取材&【開運えほんプチプチ豆知識 

【開運えほんプチプチ豆知識 
昔、12月13日は「事始め」。
​この日からお正月の準備を始めたということです。
大掃除は年神様を迎えるための準備です。
先日障子の張り替えをしました。
古い家なので、障子戸大小合わせて29枚ありました。
今年は破れているもの取り敢えず6枚だけです(少ない)

 そして昨日取材の申し込みに、とある飲食店に行きました。
姑息とは思ったけど、断れないように手みやげを持参です。
ご主人に、開口一番「どうして、◯◯の絵本なのですか」と
聞かれてその理由や絵本の内容、何を取材させてもらいたいかを
お話させてもらいました。
OKをいただき、繁忙期過ぎたら取材行きます。
すごくワクワクします。一般の人はあまり行かない所にも行きます!
現場の空気を体で感じたいので
「なんでもしますから、おてつだいさせてください!」
と頼み込みましたが、これは実現するかどうか……。

at 22:42, かんべあやこ, 日々のこと

comments(0), trackbacks(0), -

■絵本モリくんのハロウィンカーより かぼちゃポットの中身はきのことチーズのシチュー♪ 

一昨年、「絵本ごはんコンテスト」以来FBでおつきあいいただいている青山金魚さん。
今年もすばらしい創作料理を作ってくれました〜!
絵本モリくんのハロウィンカーから
「かぼちゃポットの中身はきのことチーズのシチュー♪」です。
すっごいおいしそう♪ からだがぽかぽかあったまりそう。 
金魚さんありがとうございます!
金魚さんは毎日精力的にオリジナルのお料理を作って発表しています。
いろんな賞を取っていて、すごいなあといつも思っています。



 

at 22:31, かんべあやこ, 日々のこと

comments(0), trackbacks(0), -

■だし


去年、料理研究家の方々と知り合って触発され
自分の料理にも変化が出ました!
やっぱり、添加物はよくないなあと、お味噌は無添加のもの。
出汁は天然のものと思って、昆布とかつお節にしたのですが
面倒くさくて費用もかかるしあまり続かず挫折(早っ)
そこで煮干しにしました。
こどものころは嫌いだった煮干しのみそ汁。
わ〜、こんなに甘いんだあ〜、おいしい!これなら続きそうです。
朝、こうやって水につけて冷蔵庫へ。
夕食には使えるので怠けわたしでもカンタン。

at 12:20, かんべあやこ, 日々のこと

comments(0), trackbacks(0), -

■新年のごあいさつ

新年、明けましておめでとうございます。

昨年はたくさんの方々と出会うことができ、
たくさん教えていただきました。
そして、いろいろな人に支えられた1年でした。
”感謝”という言葉が満ち満ちた年でもありました。

今年も、さらにお話づくりと、
絵描きの研究につとめたいと思っています。

どうぞよろしくお願いいたします。

at 16:42, かんべあやこ, 日々のこと

comments(0), trackbacks(0), -

■NHKラジオ「すっぴん!」絵本料理

10月29日に放送されたました。
「すっぴん!」「パパッとパパ料理」レギュラーのパパ料理研究家
滝村雅晴さんと8月に仕事でお会いしたことから、
『モリくんのハロウィンカー』を紹介していただきました。
絵本の中に出てくるお料理で食べてみたくなるものってありますよね。
そんなお料理を再現して、子どもとまた絵本から発展しておはなしが
膨らむというステキな企画です。
放送の様子がNHKのブログで見られます。
詳しいレシピはこちらです。


 

at 20:27, かんべあやこ, 日々のこと

comments(0), trackbacks(0), -

■黒井健絵本原画の世界展














 先日行ってきました。すごく良かったです。
とても見応えがあり、黒井健ワールドが展開されていました。
童美連のパーティーで、黒井さんと同じ新潟県出身ということで紹介していただき、
名刺交換もさせていただいていたのですが、とてもまじめそうな方でした。

 絵本ごとに原画が展示されていて黒井さんご自身の、絵本のおはなしに関する
思いや、エピソードなどが書かれていて、とても興味深いものでした。

 中に、杉みき子作『月夜のバス』の原画では、新潟県の高田・直江津を取材
されたということで、見てみると「あ、この場所、あそこだ!」と、直江津で
小・中・高と過ごしたわたしは、懐かしさに感動してしまいした。
右手に直江津中学校、左手に直江津高校を見ながら坂をのぼっていくと、そう、
その食堂があるのです。
真夏の日中、けだるさの中でその食堂の前を通ったとき、その食堂の存在が不思議
で、みょうに心に残っていたのでした。
そして、児童文学作家杉みき子さん(さんというにはおこがましいですが)
は高校の大先輩です。

原画展は好きでたくさんいっていますが、原画を観るとたいていその画家のことを
好きになります。
原画の持つ吸引力だと思います。

その足で図書館に寄り、観た原画の絵本数点借りて帰りました。




 

at 21:11, かんべあやこ, 日々のこと

comments(0), trackbacks(0), -

■日本の神様2

町内の豊洲神社の氏神様のお祭りです。

参加はできなかったけど、写真でがまんです。

これはからす天狗。神様です。
家々を走ってまわるので、ご愛嬌のスニーカー。

カラス天狗w.jpg

こちらはお馴染みの鼻の長いほうの天狗。神様です。
高下駄がすごい! これでまわるのはそうとうのご苦労。
天狗w.jpg

こちらが憧れの狐の神様です。
お面を撮りたかったのですが、固定しているそうでわざわざ
足止めさせてもらったので断念しました。

狐w.jpg

こちらは獅子頭、頭を噛んでもらっている子もいました。
私は小さい頃怖かったけど。
獅子頭.jpg

そして、これが「モリくんのハロウィンカー」の差し込み
(図書館では差し込みは省かれるので買わないと読めませんが)
の作者のことばにも書いた「おはつー」の場面です。
訪問した家の人からお金やお菓子をもらっているところ。

おはつ.jpg
撮影ご協力ありがとうございました。
お祭りは、太鼓の「どんどんどん」の音が聞こえてくるだけで、わくわくどきどきします。
自分の中の「血」が騒ぐ感じがたまらないのです。
絵本も神様が出てくるものがたくさんあって、富安陽子さんの「めっきらもっきらどおんどん」
や「おっきょちゃんとかっぱ」は大好きです。
どちらも絵は昔から大フアンの降矢ななさんなのです。

at 11:11, かんべあやこ, 日々のこと

comments(0), trackbacks(0), -

■思いは通じる。

 わあ、1カ月もさぼってしまいました。
しかし、最近嬉しいことが続いてありました。
ここ3カ月くらい前から夜寝る前と朝目が覚めた時、
読者のことを考えるということをしていました。
それが習慣になった頃、不思議なことに異変があったのです。
今までわたしの絵本を読んだ子ども達の様子や感想等とても
嬉しい言葉をいただいていたのですが、今回は特に感激して
しまうことが。
もうすぐ3歳になるお子さんのご両親からメールで
『息子の誕生日に絵本にサインをいただけないか』と言う内容で、
それはなぜかというと、図書館から借りた『モリくんシリーズ』
を返そうとすると息子さんが泣いて返さないでほしいと言う、
アンパンマンやトーマスも好きだけど、こんなに執着する絵本は
初めてだということでした。
それで、「じゃあ、この際こうてやる!」になったそうです。
こんな嬉しいことはないですよ、3歳にも満たない小さな子が
泣いて返さないでというのですから。
その子に会って「なんでおばちゃんのつくったこの絵本が
気に入ったの?どこがそんなによかったん?」って
詰め寄りたい気持ちです。

 それともうひとつ、それから間もなくいつもお便りを送って
くれるNくんから、またまたうれしいお便りが!
それはこんどのブログに写真アップしまーす。
間もなく!

at 00:39, かんべあやこ, 日々のこと

comments(0), trackbacks(0), -