<< なんちゃってやきりんご♪ | main | ■東日本復興支援チャリティー こどもの本の画家たち展2 >>

■思いは通じる。

 わあ、1カ月もさぼってしまいました。
しかし、最近嬉しいことが続いてありました。
ここ3カ月くらい前から夜寝る前と朝目が覚めた時、
読者のことを考えるということをしていました。
それが習慣になった頃、不思議なことに異変があったのです。
今までわたしの絵本を読んだ子ども達の様子や感想等とても
嬉しい言葉をいただいていたのですが、今回は特に感激して
しまうことが。
もうすぐ3歳になるお子さんのご両親からメールで
『息子の誕生日に絵本にサインをいただけないか』と言う内容で、
それはなぜかというと、図書館から借りた『モリくんシリーズ』
を返そうとすると息子さんが泣いて返さないでほしいと言う、
アンパンマンやトーマスも好きだけど、こんなに執着する絵本は
初めてだということでした。
それで、「じゃあ、この際こうてやる!」になったそうです。
こんな嬉しいことはないですよ、3歳にも満たない小さな子が
泣いて返さないでというのですから。
その子に会って「なんでおばちゃんのつくったこの絵本が
気に入ったの?どこがそんなによかったん?」って
詰め寄りたい気持ちです。

 それともうひとつ、それから間もなくいつもお便りを送って
くれるNくんから、またまたうれしいお便りが!
それはこんどのブログに写真アップしまーす。
間もなく!

at 00:39, かんべあやこ, 日々のこと

comments(0), trackbacks(0), -

comment









trackback
url:http://akoillust.jugem.jp/trackback/141